更年期の女性の薄毛について

更年期の薄毛の原因

更年期を過ぎたあたりから、男性だけでなく女性の中にも薄毛の悩みを抱える方が増えてきます

 

誰しも薄毛になる可能性はあるものの、なりやすい人の傾向というものが存在するのですが、体質や頭皮環境にどんな特徴があるのでしょうか。

 

更年期の薄毛の原因は女性ホルモンの減少

女性の薄毛は、年齢を重ねるにしたがって、卵巣機能が衰えてくることに深く関係しています。

 

日本人女性の場合、45歳から55歳くらいが更年期と言われる期間ですが、この頃には卵巣からエストロゲンという女性ホルモンの分泌が大きく減少します。

 

エストロゲンは毛髪の成長させる働きがありますから、分泌が不足するということは、十分に毛髪を成長させることができないということですね。

 

血行不良や頭皮の乾燥は薄毛を招く

更年期の薄毛に悩んでいる方は、同時に冷え症にも悩んでいるという事があります。

 

冷え症の人は血行が悪いものですが、血行が悪くなると栄養や酸素が頭皮まで行き渡らなくなるので、これでは抜け毛や薄毛が進行してしまいますよね。

 

冷え症は、睡眠不足や喫煙、ストレスなどが原因で起こりますが、偏った食生活や脂質の摂り過ぎで血液がドロドロになっている可能性も考えられます。
心当たりがある方は食事や入浴で体を温める工夫をしてみましょう。

 

またシャンプーの仕方が悪く、落としきれなかった皮脂で毛穴が詰まってしまうと、毛髪にとって劣悪な環境になってしまいます。
汚れやすすぎ残しがあっても自分で確認するのは難しいので、シャンプーは丁寧に行いましょう。

 

ただし、更年期になると10代や20代の頃ほど皮脂の分泌はありませんから、一日に何度もシャンプーをする必要はありません。
必要な皮脂まで取り除いてしまうので、乾燥をまねき、細菌の侵入を許してしまうこともあります。
また、頭皮を傷つける原因になりますので、ゴシゴシ洗うことも避けてください。

 

更年期の薄毛は、冷え症など血行が悪い体質の人がなりやすいと言えます
頭皮に汚れが蓄積していたり、逆に皮脂の落とし過ぎで乾燥している人も要注意です。
髪は女の命と言いますから、丁寧にマイナチュレなどでケアしてあげたいですね。

 

女性育毛剤選びで失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓

女性育毛剤の必読情報

マイナチュレの公式サイトはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.my-nature.jp/