女性型脱毛症とは?原因と治療について

女性型脱毛症が原因で薄毛になります

女性型脱毛症とは女性が男性と同じように男性ホルモンの影響を受けて薄毛になってしまうことです

 

AGAとの違いは、AGAは前頭部や頭頂部など男性ホルモンが作用しやすい部分で薄毛が目立つのに対し、女性型脱毛症は全体的に髪の毛が薄くなってボリュームが減ります。

 

女性にも男性ホルモンのテストステロンが存在しますが、通常は女性ホルモンが働くことでその影響を防いでいます。

 

女性ホルモンのエストロゲンには髪の毛にツヤを出したり抜け毛を防いだりする働きがあります。

 

ホルモンバランスが整っている女性は、テストステロンの量が男性の20分の1以下なので、髪の毛が抜けやすくなることはありません。

 

しかし加齢やストレス、生活習慣の乱れなどでホルモンバランスが乱れている人は、エストロゲンが正常に働かないことが原因で女性型脱毛症になることがあります。

 

ストレスは自覚症状がないことも多いので、原因が分からずに女性型脱毛症に悩んでいる人も多いです。

 

子供が自立して家を出たこともストレスになる可能性があります。

 

母親は今まで子供を大切に育ててきており、生きがいでもある子育てを失くしてしまうためです。

 

この年代は女性ホルモンの分泌量が減少しているので、寂しいというストレスの影響を受けやすいです。

 

抜け毛が多くなったと感じたなら、女性用育毛剤を使用することも考えましょう。

 

マイナチュレなど女性の抜け毛の育毛剤を選ぶとよいでしょう。

 

女性育毛剤選びで失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓

女性育毛剤の必読情報

 

マイナチュレの公式サイトはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.my-nature.jp/