60代女性の抜け毛の原因は女性ホルモンの減少

60代女性の抜け毛の原因は女性ホルモンの減少

60代女性の抜け毛の原因として考えられるのは、まずはエストロゲンの減少です

 

60代女性は閉経しているので、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が低下しています

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは30歳前後でピークをむかえ、あとは徐々に減っていく一方なのです。

 

加齢や老化によってエストロゲンの分泌量が低下すると、男性ホルモンの影響が強くなってきて抜け毛が進行しやすくなります。

 

男性よりも女性の方が髪の毛があるのはエストロゲンのおかげなのです。

 

また肌のコラーゲンやヒアルロン酸も減っているので頭皮が硬くなってしまうのです。

 

加齢や老化によって抜け毛が増えている状況で、安いシャンプーなどを使用して間違ったシャンプーの仕方をしていたり、よく泡を洗い流せていなかったりすると毛穴がつまってしまい、それも抜け毛の原因のひとつになってしまいます。

 

60代に突入したら娘や孫などと同じシャンプーは使用せずに、女性用育毛シャンプーを使用することをおすすめします。

 

ドラッグストアなどで安売りしているシャンプーは刺激が強いことが多いのです。

 

若い頃はそれでも良かったかもしれません。

 

必要にあわせてマイナチュレなどの女性用育毛剤も活用してみましょう

 

男性と女性の薄毛や抜け毛の原因は違いますので、旦那さんなどと併用せずに自分用の女性用育毛剤を使用するようにしましょう。

 

また日常生活で過度なストレスを感じたり、睡眠不足や栄養不足、運動不足などによってもひどくなってしまうこともあります。

 

60代女性の抜け毛と薄毛には女性用育毛剤のマイナチュレがおすすめです

 

 

マイナチュレの公式サイトはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.my-nature.jp/