50代女性の抜け毛の原因は更年期障害

50代女性の抜け毛の原因は更年期障害

50代の女性の抜け毛の原因には、更年期障害が深く関与しています

 

更年期になると女性ホルモンの一種のエストロゲンの分泌が減っていきます。

 

そのせいでホルモンバランスが崩れてめまいやホットフラッシュなどの体の不調が起こりますが、エストロゲンは発毛にも関わっているのです。

 

エストロゲンは、髪の毛の成長に影響力を持っています。

 

ですから閉経してエストロゲンが大きく減少すると、髪の毛が成長しにくくなり、休止期に入りやすくなります。

 

その結果、髪の毛が十分に成長しないまま、抜けやすくなり薄毛が目立ち始めます。

 

同時に髪の毛が細くなるので、全体的にボリュームがなくなります。

 

この現象は女性型脱毛症などと呼ばれています。

 

50代からの抜け毛の対処法は、まず減少したエストロゲンを外部から補うことです

 

体に吸収されると、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂取しましょう。

 

大豆製品などを積極的に食べたり、育毛サプリメントや、イソフラボンを配合した女性向けのマイナチュレなどの女性用育毛剤などもありますから、方法も多彩で簡単にできます。

 

更年期障害の対策にもなるので、一石二鳥なのが適度な有酸素運動です。

 

卵巣機能の衰えを抑えるのには、ウォーキングなどの有酸素運動が有効です。

 

血行もよくなりますから、頭皮への栄養も充分行き届きます。

 

頭皮の血行はマッサージなどでもいいでしょう。

 

女性用育毛シャンプーを使う場合は、正しい洗髪法で行うのも大切です。

 

シャンプーを正しくすることで、抜け毛を減らせます。

 

50代女性の抜け毛と薄毛には女性用育毛剤のマイナチュレがおすすめです

 

マイナチュレの公式サイトはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.my-nature.jp/